明るい農村かわもと

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. 第2回 トマト畝づくりと落葉堆肥づくり

ラボカフェコラム

第2回 トマト畝づくりと落葉堆肥づくり

今年の春に向けての、トマト畝づくりと落葉堆肥づくりです。

混入した竹堆肥

半耕起のトマト畝

一、二枚目の写真は、トマト畝への竹堆肥混入作業です。

半耕起の畝で、トマトを連作しようと、二年前より竹堆肥、落葉堆肥を畝に

入れて続けています。竹堆肥は竹チップ+茶殻+米糠を約半年熟成させたものです。

昨年の中玉、ミニは、糖度が9~13度と好調だったのですが、8月末より青枯れが出始め、

250本のうち約半分近くをやられてしまいました。今年は堆肥の量を増やし、竹炭なども

入れます。

落葉堆肥づくり

三枚目の写真は、落葉堆肥づくりです。トン袋+軽トラで旧三原村の道路で、落葉が吹き溜まる

所を探し、集め、11月より仕込んでいます。落葉堆肥は、落葉+米糠で4、5か月間熟成。

4月にトマト畝に混入します。

今年は、土壌微生物が活性化し、青枯れが出ませんように。


このページの先頭へ